メルセデスベンツを2年間所有した、正直な感想

みなさん、こんにちは、簡単に自己紹介をさせてください。 

私はこれまで8年間法人の経営をしていて、日々奮闘しています。 

とはいっても、大きく儲かっているとかそうゆことは一切なくむしろ低迷しています。 

盛ったりしても仕方ないので正直に書きますが、直近2年の数字は過去最悪レベルです 

3年前にスタートしたユーチューブを改めて力を入れていこうという

理由からブログ をスタートしていくことを決断した次第です。

読者のみなさんには全く関係ない話で恐縮なのですが、

私の弱みは「雑である」 「理解の質が薄い」「早く終わらせようとしている

という3つが成果に結びつかない主な理由です 

その全ての根本が「面倒だから」と楽な方に流れている癖にあります 

圧倒的に強い意識で直さなければいけません 

私は何度も同じミスを繰り返すという致命的な欠点もあります 

これは仕事をするうえでも、プライベートでも遊ぶときにもそうで、

表面上は一時的に成長したように見えても、結局は元の弱い自分に戻っていたりします

 素直に反省して落とし込むことをしないと5年経っても10年経っても弱い自分のまま

 痛い目をみないと分からないは、直訳すると馬鹿を意味します。

過去8年間を振り替えってみると危機感の無さや意識の甘さで何度も失敗しています

仕事内容に関係なく、根本の器を大きくしないと長期的に生き残っていけないなと痛感しています。

全てのストレス、イライラ不平不満を自分の原因と考えることが 成長のための第一歩になります。

車を例にすると、購入から売却までの過程で非常に多くのことを学ぶことができます

まず、車を欲しいと思ったタイミングですぐ購入すると、数字上は損する可能性が高いです。

なぜなら、市場の動きを完全に無視して自己都合を優先させているので

高値のまま手にすることになるわけです。

実は私はマンションの賃貸契約の時にこれと全く同じ ミスをしています

直近数年で最も高い賃貸料金の条件で契約してしまったので相場よりも

毎月4万円高い賃貸契約をして結果的に数十万円を損することになりました 。

車も同じで購入するときは市場の動きを確認したほうがいいです

私の購入したメルセデスベンツCLAの場合ですと、

7ヶ月で価格が40万円弱変化しました。

購入を検討した時期は、ほぼ同じ年式と走行距離で乗り出し価格268万円だったのに

対して欲望を7ヶ月我慢忍耐することで

224万円で購入することが出来ました

そのため、結論を言うと、購入のタイミングとしては適切かつ、上手くいったと思います。

しかし、あくまで「タイミングのみ」です。

後日、知り合いからオークション経由で直接手にすることが

出来る乗り出し金額が188万円だと知ったときには愕然としました 。

そのとき初めて、市場動向だけでなく、

その裏側も見るべきなんだと痛感させられました。

完全に自分の情報不足が原因で金銭的に損をすることになりました。

私としては人生初の車所有ということで舞い上がっていた部分があるのかもしれません

ちなみに補足になりますが、

このときは車のユーチューブをしようとは思ってもいませんでした。

車購入後、初めて撮影したベンツの動画が結果的に再生に結びついてので

これはすごいと車に関する動画をスタートしたわけです。

さて、車を所有したら、所謂面倒な手続きが沢山あります

私の場合は契約時に車両保険込みの保険の契約をするのですが、

これが完全に失敗でした。

参考としてお伝えしておくと、初期費用として、

車の駐車場代26,000円と 仲介手数料1ヶ月分で26,000円

の合計52,000円をお支払いしました 。

 都内で車を所有すると、駐車場代が高いですね、これは仕方ないです。

 一般的に港区、渋谷区、中央区近郊で借りる場合、

3万円~4万円ぐらいは覚悟したほうがいいです。

 そこから値引き交渉をするわけですが、

これがなかなか難しいわけです。

 私が借りていた駐車場はガレージ付きでしたので破格な方だったと思います 

 また、駐車場を変えるということをしました。

 少し離れた距離で平置き19,800円で借りれるとこがあったからです。

結果的に借りてから1ヶ月後にいたずらで、窓を汚されたことが2回ありました 

そのため、都内平置きベンツはおすすめしません。

ケチるとこと節約するとこの見極めはきちんと出来るようにならないといけないな、 

と痛感させられる衝撃的な出来事でした。 

駐車場はマンションに付帯の物件か、ガレージ付きを強くおすすめします。

話は変わりまして、任意保険に関してです 

結論から言うとランニングコストとして最も重要なのがこの保険です 

ネットで申し込みできる保険、ディーラーが推奨する保険、保険の窓口等の実店舗 

どれを選択するかで毎月の料金がかなり変わります。

また車両保険に入るかどうかでもそうです。 

まず、事実として、人が介入していると保険料が高くなる傾向にあります

なぜなら、紹介料として説明やフォローに対するマージンが上乗せされるからです

これだけで月に3000円ぐらい違う場合が多々あります。

付帯保険内容はほぼ同じなのに毎月の料金が上乗せされるわけですね。

それに対してネットで申し込む場合は金額は安いですが、

比較検討するという労力と手間が 発生するわけです。

自分で調べてまとめて、結果を出さないといけません 

当然ですが、誰も教えてくれないので、

有益な情報をブログやまとめサイト等から収集して導き出す必要があります

ただ、先程もお伝えした通り毎月3000円前後の違いは大きいです。

2年で72,000円で、4年で144,000円です。

3000円はあくまで目安なので、契約内容によっては前後することがあるので 

場合によってはもっと損することもあるので、やはり保険選びは重要です。

ここで、重要なことを話します。

「車両保険を使うタイミングが重要である」です 

一般的に保険というのは使用して損害請求をすると毎月の料金が上がるだけなく

契約している等級も下がります。

この等級は今所有している車だけでなく次回新しく契約した車に

引継ぎをすることも可能になるので長期間無事故の場合、毎月の料金が下がります。

 では、「どれぐらいの車の破損の場合に保険を使うのが良いのか」

 がすごく大事なことになってきます。

車の保険の場合、免責金額があるかも確認するべき項目の一つです 

仮に車の前方バンパーを擦ってしまい、

傷をつけたとすると 一般的なベンツのディーラーで直す場合は20万円前後します

所謂、街の板金屋さんの場合ですと、5~7万円ぐらいが相場になります で、

これを実費で直すかどうかですが、免責が0の場合であったとしても 実費で直すべきだと考えます。

なぜかというと、前述したように毎月の料金が上がるからです もっというと、

免責が10万の場合、ディーラーで直したとしても 結果的に保険会社が支払う金額は10万円になるわけです。 

結論を言うと、そのぐらいの金額では保険を使う意味がないわけです。

むしろ、損をすることになってしまいます。 

そのため、もし保険を使いたいということであれば、

修理に数十万円以上の金額が発生するという事例の場合にのみにしておくのが妥当だと言うことです。

ちなみに、私は毎月16,480円の車両保険に入っていましたが、

2年間で1度も使用しませんでした。

2年目は割引が入るので多少安くなりますが30万円前後の金額を保険に支払ったわけです。

私が受け取ったのは「安心」と「次回そのまま引き継げる等級」です。 

ここからは私の持論になりますが、車両の金額によっては、

相手方の弁済と自分の身体の保証のみ加入で 自分の車両の保険は入る必要がないということです。 

ちなみに、私のベンツのときの場合でも車両保険を外した任意保険の場合ですと 月に5000円前後で契約可能でした。 

では、いくらぐらいが基準になるのかというと、あなたの年収の半分ぐらいの金額の車であれば、 

万が一、全損しても再復帰が可能という理由もあり、車両保険は入らなくていいかと思います。

つまり、年収400万円の場合で200万円以下の車両を買う場合は車両保険はいらないと思うわけです。

そうすると、毎月の維持費を抑えることができます。

月1万円安くなる場合、5年で60万円の保険代が浮きます

車両が全部ぶっ壊れる可能性は相当低いので、

収入と支出を比較検討してみることをおすすめします 

 一方で年収400万円の人がローンを組んで、

500万円の車を買う場合は収入に対して万が一の際のリスクが 大きいので車両保険も入った方がいいと思うわけです。

毎月のローンの返済と車両保険が家庭の財務 を圧縮するので、

あまりおすすめしませんが、世の中にはこのような人が多数いるわけです。

特に東証一部上場企業に勤めている方の場合、融資が通りやすいですから、

見栄や欲望のために 5年という大切な人生の一部を車のために捧げる結果になったりするわけです。

高収入でも、高い家賃、ローンを組んで車を購入したり、高いレストランに頻繁に行ったり、旅行をしまくったり、子供を私立に行かせたりすることで結果的にお金が全然残っていないという事例が多々あるので、気をつけたほうがいいです。

私も20代前半で調子に乗ってしまい、痛い目をみています。

お金を持っていない人ほど、支出が激しいです 仕事のストレスだ、

といって散財する傾向が高いです。

また寂しさを紛らわすために異性に依存したりする 傾向もあります。

人は多くの場合、暇になると、鬱になったり、散財したりと感情が暴走を始めます。 

そのため、そうならないように「対策をしておくといいです」 

ここでみなさんに紹介したいのは「3つの法則」という言葉です。

これは先輩から教わったのですが、何事においても代替案を3つ用意しておくべしということです 

車を持っている場合、次回時間が出来たときに行くべき場所や目的を3つ用意するというイメージです

さらに、3つの主軸で考えておくといいです

「誰と」「どこに行き」「何を食べる」これを明確に落とし込み して、かつ、3パターン考えておくことが大事です。 

例えば、私の場合ですと仕事の先輩と葉山に行って、マーロウというお店の究極のプリンを食べる

家族と一緒に箱根にある唯一の川床である、牛なべ 右近で特選コースを食べる

友人4人とヒルトンお台場のスイートルームでアリアナグランデを聞きながら、ペリエで乾杯してチーズを食べる

というように、3つの主軸で3パターン用意しておくと、

時間を意図的に作り出す努力をするし、 仕事も上手くいきやすい傾向にあります。

補足しておくと、その際に発生する金額も書いておき、 封筒に入れておくといいです。

そして、マジックでタイトルを書いておけばほぼ間違いんなく実行できるし 満足度も高いでしょう。 

車選びも同様で3つの主軸で考えるといいかもしれませんね。

私が次に車を買うなら 「ブラウンのレザーシート」「カブリオレタイプ」「アンビエントライト」を軸に選びます。

そうすると、限られてきますが、、、笑 また、友人がいなかったり、

一緒に余暇を楽しむことができる質の高い知り合いがいない場合は 3つのギブを意識しておくといいかと思います。

つまり、あなたと過ごすことで一緒にいる人がどんなメリットがあるか? を追求すると面白いということです。

「ベンツで家まで向かえに行って、帰りも家まで送るよ」 

「美味しいレストランを予約しておいたし、支払いも済ませたよ」

「一緒にいて刺激を受けるように、APという200万円の時計も買ったよ」

 極端かもしれませんが、ここまですれば、

一緒にいる人からすると、もっとこの人といたいと思うわけです。

 もちろん、これは金額的、物質的な価値や刺激の提供なので、

それ以外でも移動中の車内で面白い話をしたり 有益な情報を提供したり、

内面の価値を提供するのもありですよね。 もう一度言います。

あなたが提供できる3つの価値はなんですか? 

これが明確であれば、より質の高い人が自然と集まってきます。

金額が高い車や時計は無駄ではありません。

むしろ、「刺激」という価値を与えることが出来ます。 

与えることで、自分にも他業界の有益な情報が入ってきたり、

楽しいイベントや食事会に誘われる機会が訪れる かもしれません。

世の中は原因と結果の法則、因果の法則というように色んなことが巡り巡ってきます ですから、

自分が良い思いをしたいのであれば、

まずは一緒にいる人に価値を与えまくる というところからスタートするといいと思います。 

仕事もプライベートも全てそうです。

価値を与えることが出来なくなった人は衰退していきます 

これは必然です、私はユーチューブで質が低い動画を何度も上げてしまい、

反省しています 間違いなく、これまでのやり方では人が離れていきます。

分かっているけど、やらないって言い訳をしてましが、違いました。

全く分かっていなかったです。

理解してなかったです、落とし込みが甘かった、危機感が足りなかった 

だから、何度も稚拙な動画を上げてしまった。今日から変わらなければいけません

強い思いと今までの自己満のお遊びは辞めて、仕事をしていきます、

そうゆう意味で今回ブログを書いています

これまでの人生で最も手間と労力を掛けていますが、

それでいいんです、それが仕事ですから。

他人のために沢山面倒なことをやって突き詰めてから発信する。

それが出来ないなら雇われて時給で働くしかないです。 

むしろ、その人たちのほうが丁寧に仕事をしています。

若い頃、セブンイレブンでバイトしていましたが、

店長だけでなく、みんなが、品出しやレジ打ち、在庫管理など、とても丁寧に仕事をしていました。

面倒だし、なぜここまでするの?をやらないと成果なんて出るわけないし、

売上が上がるはずもない その訓練をするのが学校という枠組みなんだなと痛感させられています。

大学の時に課題でレポートを沢山書いた記憶がありますが、

今思い返すと、もっと本気で向き合うべきだったと 後悔しています。

私の場合、ギリギリ単位を取れるであろう文字数を薄っぺらい内容で提出していました。

どうしたら、最上級の評価を得ることが出来るのかなんて、考えもしませんでした 

卒業してからあのときのレポートが凄く重要だっとんだと痛感させられています。

内容がどうこうという以前に物事に取り組む姿勢がなってなかったと思います。 

大学を舐めていた、レポートを舐めていた、お金が貰えないから適当でいいやと考えていました

結果的に、仕事が上手くいってない今があり、

ずっと欲しいと思っているフェラーリ458スパイダー や新型ベンツSクラスを購入することが出来ないでいます

当然ですが、そのクラスの車を買う場合は駐車場もガレージ付でないといけないので3万前後はかかります

保険だって、毎月4万ぐらいでしょう。維持するだけで月10万弱の金額がかかります。

これを高いと感じる うちは身の丈にあっていないということです。 

車って本当に奥が深くて、一括で買えないのに購入するのは身の丈にあってないし、

むしろその状態で乗っているのはダサいとすら感じます。 

極論、自分の総資産の10分の1ぐらいの金額の車を所有することが

ライフバランスを考えたときに適切なのでは? と感じてしまいます。

20分の1でもいいかもしれないぐらいです。

だから、フェラーリを買うなら4億~8億ぐらいの総資産がないと、

心から充足していると言えないのでは ないかと思います。

それ以前に買うのは身の丈に合っていないのかなと。

ですが、背伸びをすることで 心が変わり、

結果として大成する場合もあるので、この辺りは意見が分かれそうです。

さて、話を所有していたメルセデスベンツに戻します。

実は、売却する前にエニカというサービスを利用しようか真剣に迷った時期がありました 

というのも私の先輩がエニカというサービスを利用することで月に11万円の収入を得ている事実があったからです 

エニカというサービスをわかりやすく簡単にお伝えすると、

所有する車を24時間貸すことで収入を得ることが 可能なサービスです。

このサービスのすごいとこは車にシステムを置くことで、

あなたが仕事中でも、車予約の お知らせがアプリに入り、

お客様が免許証をかざすことで、対面せずに、車を貸すことが出来るという点にあります 

つまり、極端な例ですが、あなたが海外にいても、

アプリでやり取りをするだけで車を貸して、収入を得ること ができるというものです。

金額を相場の範囲内で自由に選択できるというのも強みです。

補足でお伝えしておくと、その先輩を車を3台所有していて、

貸すことによって月に20万円の収入を得ています

で、ここからが本題なんですが、私もベンツを所有していたときに、

エニカを利用しようとしましたが、 車の名義が法人になっていたため、

名義変更をしないと、エニカを利用することが出来ないということが判明しました 

名義変更自体は数万円で可能ですが、

その後の税務処理がややこしくなるということもあり、

結果として エニカを利用しませんでした。

そのため、次回購入するときは確実に経費にならないけれど、 

エニカで貸すことができる「カブリオレ」を個人名義で買おうと目論んでいるわけです。

そもそも、2ドアやスーパーカーは経費にならないと考えておいたほうがいいです。 

具体的になんの車を検討しているかは後程紹介しますので、

楽しみにしておいてください

長文になってしまいましたが、最後にメルセデスベンツの売却の際の話をします。

結論から言うと、135万円で売却しました。

数字で言うと、購入時から89万円のマイナスです。

複数の業者に見積もりを依頼したところ、

高いところは140万円での買い取り、安いところは

70万円での買い取りと買取金額が倍違ったのが印象的でした。

業者は嫌がるけれど、確実に複数に依頼するべきということが分かりました。

ただ、私がミスをしてしまったことが一つあります、

それは売却のタイミングが早かったということです。 

相場を見ていると、コロナの影響からか、若干上がっているではないですか。 

金額でいうと、150万円で買取してくれそうな相場でした。

売るタイミングをあと1ヶ月遅くするだけで こんなに相場が変わるのかと、

改めて悲しい思いをしました 何事も勉強だなと、心に刻んだ次第です。

これらの経験から私がみさなんにシェアしたいことは 

車だけでなく全ての買い物はタイミングと情報が大事だよということです。

特に高い買い物のときこそ、吟味するべきです。

多くの人はなぜか、金額が高くなればなるほど、 面倒になって、あまり吟味しなくなります。

物件や車など高額な買い物をする機会が少ないのと

契約書等の手続きが多いので金額の多寡よりも、

早く終わらせて開放されたいという欲求が強く働きます。

その結果、とんでもなく損をする可能性が高いです。 

ですので、高い買い物こそ、慎重に、相場を睨み続ける必要があります。 

ちなみにみなさんも大好きであろう、

高級時計の相場もここ数年で1,5倍~3倍とかになっています。

 ロレックスも数年前は100万円だったのが、いまや180万円とかになっていますし、

APは500万円の時計が 1400万円とかになっています。完全にバブリーな市場です。

すごいですね、タイミングでかなり変わります。 

金も最高値を更新して、ガンガン上がっていますね。

車の値上がりも続いて、新型車は以前の型よりも数十万円高いことはザラにあります

以上の話をまとめますと、

高級車を買う場合はタイミングと市場価格、

維持費を事前に確認した上で 慎重に決断するべきだということ

そして、収益を得る方法もあるよということ、

一方で供給過多になったり サービス自体が終了したりする可能性もあるということ。

世の中は栄枯必衰、万物は常に変化するので、 

自己を改善し続けていくことが

生き残っていくための唯一の手段だと 落とし込むことが非常に重要であるということです。

長文の精読、ありがとうございました。 

引き続き、宜しくお願い申し上げます

投稿者: pikapato

CAR LIFEぴかぱーと(乗り物チャンネル)へようこそ ベンツを中心に高級車のレビュー、新幹線のレビュー、飛行機や船といった乗り物のレビューを中心にコンテンツをお届けしていきます 皆さんが実際に足を動かして行動をしてくれたらやりがいを感じます。 明日にでも行きたいと、思えるような素敵な場所を紹介できればと思います。 お問い合わせはこちらのメールにお願い致します。 kootyan0101@gmail.com ツイッターはこちらから https://twitter.com/gO40y4JmARFq88v

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。